ヘルペスウイルスに感染した時に効果的な薬としてバルトレックスが挙げられます。バルトレックスは副作用の発症が少ない薬ですが全く症状が現れないわけではありません。もしこれからバルトレックスを使用する方がいましたら、バルトレックスの副作用を確認してから使用を決めましょう。意外な注意点が見つかるかもしれません。

ゾビラックスもヘルペス治療に有効な薬

ゾビラックスは、抗生物質アシクロビルを主成分とする抗ウイルス薬であり、感染経路を問わず口唇ヘルペスや性器ヘルペス及び水ぼうそうの治療薬として多くの医療機関で処方されている医薬品です。
有効成分のアシクロビルが感染細胞内でヘルペスウイルスの生存及び増殖に必要不可欠な核酸の構成成分であるデオキシグアノシン3リン酸に酷似しているアシクロビル3リン酸にリン酸化される事で活性代謝されます。

アシクロビル3リン酸は、酷似しているデオキシグアノシン3リン酸の代わりにDNA複製の鋳型の対となる核酸構成成分の1つとして取り込まれます。
そして正常な塩基配列を形成を促進する酵素DNAポリメラーゼの働きを阻害します。
更にアシクロビル3リン酸は、酵素DNAポリメラーゼによって誤って核酸の構成成分に鋳型に取り込まれた事により、DNAの鋳型の対となる事が出来ずDNA自体の複製を停止させ、ヘルペスウイルスの増殖を抑制する医薬効果が期待出来ます。

ゾビラックスは、主成分のアシクロビルが健常な細胞よりも感染細胞に取り込まれやすい特性がある事からヘルペスウイルスに選択的にDNAポリメラーゼ阻害効果を発揮します。
アシクロビルをリン酸化するヘルペスウイルス由来のリン酸化酵素のチミジンキナーゼに対する親和性が従来の治療薬よりも低い特徴があります。
ゾビラックスの医薬効果のターゲットの酵素DNAポリメラーゼとの親和性が高い事から従来の治療薬よりも抗ウイルス効果が高いヘルペス治療薬です。

ゾビラックスは、従来の治療薬に比べて感染細胞内での活性代謝体のアシクロビル3リン酸の濃度及び半減期が短い事から、服用者の身体への負担が少なく副作用が少ない治療薬とされています。
下痢や頭痛などの副作用を発症する事が稀にあります。
服用者の体質や既往歴によっては、重篤な血液成分障害や間質性肺炎などの副作用を発症する事もあります。
腎臓の機能が低下している高齢者や脱水症状に陥った服用者は主成分のアシクロビルが腎臓内で再結晶し細尿管を閉塞する急性腎不全を発症するリスクがあります。

ヘルペスの感染経路と症状について

ヘルペスには、口唇ヘルペスや性器ヘルペス、水ぼうそうなどの感染症があります。
アシクロビルを主成分とするゾビラックスなどの副作用の少ない抗ウイルス薬による薬物療法が行われています。
口唇ヘルペスは、一般的にはHSV1型に感染する事で口唇周辺だけで無く口腔内や咽頭部まで水ぶくれや潰瘍などの症状を発症する感染症です。

症状は、再発を繰り返すとピリピリやムズムズなどの前駆症状を自覚する感染患者もいます。
一般的には口唇周辺が赤くなると共に次第に水膨れが形成され、2日~3日程度で水膨れが破れ10日~2週間程度で自然治癒します。
感染経路は、感染患者との直接的な接触に加え、感染患者の使ったタオルやグラスの使い回しでも感染します。
ウイルスキャリアの祖父母や両親の頬ずりなどでも子供に感染するので注意する必要があります。

性器ヘルペスは、一般的にはHSV2型に感染する事で発症する事で発症する感染症ですが、初感染や性別で症状が大きく異なる感染症です。
初感染時には、感染後2日~10日程度の潜伏期間を経て38度以上の高熱や全身の倦怠感に加え、性器を中心に臀部や太ももなどに発疹や水ぶくれが発症すると共に2日~3日で潰瘍を形成します。
男性は、表面的な症状の発疹や水膨れに加え、尿道に侵入したウイルスにより尿道炎や前立腺炎及び精巣上体炎などを発症しますが、自覚症状のある感染患者も多く比較的重症化する事が少ないのが特徴です。
女性は、膣や子宮頸管部の粘膜でウイルスが繁殖する事から膣炎や子宮頸管炎を発症しますが、自覚症状の無い感染患者が多く卵管炎や卵巣炎に加え、骨盤内腹膜炎や肝周囲炎などを併発します。

感染経路は、一般的には性行為による感染が最も多いのですが、近年性行為が多様化した事でオーラルセックスを介して口唇ヘルペスが性器に感染する一方で性器ヘルペスが口唇に感染するケースが増加しています。
性器ヘルペスは、治療終了後一年間の再発率が8割以上と非常に高い事から、ゾビラックスなどの抗ウイルス薬を常備薬としている感染患者も多くいます。