ヘルペスウイルスに感染した時に効果的な薬としてバルトレックスが挙げられます。バルトレックスは副作用の発症が少ない薬ですが全く症状が現れないわけではありません。もしこれからバルトレックスを使用する方がいましたら、バルトレックスの副作用を確認してから使用を決めましょう。意外な注意点が見つかるかもしれません。

クラミジア治療にはクラビットやジスロマックが効く

クラミジアの治療にはクラビットとジスロマックが効果的で、男女とも性行為が主な感染経路ですが、それ以外にも感染経路はあります。
男性がクラミジアに感染した場合の症状には、尿道の痒みや不快感、尿道から膿が出る、排尿痛、発熱などがあります。
女性が感染した場合の症状にはオリモノが増えたり、下腹部の痛み、不正出血などです。

クラミジア治療で使われるクラビットは治療薬の中でも副作用が少なく、ニューキノロン系の抗生物質です。
抗菌作用という点では最も強い治療薬という訳ではありませんが、副作用のリスクが低く安全性は高いため最初に処方されることが多い治療薬です。
クラミジアの治療に使われるクラビットですが、耳鼻科系の感染治療にも効果を発揮し、炎症を抑える作用もあるので、ニキビの治療にも処方されることがあります。
クラビットのクラミジアへの作用は、原因となる病原菌の増殖を抑え、細菌の殺菌作用が期待できます。
尿道炎などこの疾患に感染すると感染経路が炎症を起こして腫れて膿が出たり、熱が出るため炎症を抑えて細菌を殺菌します。

飲み方は500mgは1日1回の服用で、250mgは1日に2回の服用となります。
1週間ほど服用すると多くの場合で完治に近い状態になります。
副作用が比較的少ない薬ですが、吐き気や下痢などの副作用がでる可能性はあるので、気になる症状がある場合には早めに医師に相談します。

クラミジア治療に用いられる薬にはクラビットの他にジスロマックがあります。
ジスロマックは有効成分がアジスロマイシンで、体内に感染した病原体には一週間から10日間は作用が続き、症状が軽いものであればジスロマックを一度飲むことで治療は終わりになります。
クラミジアの治療は血中の成分濃度を高めることで原因菌を一気に死滅させることが大切で、ジスロマックは1000mgを一回飲むことで原因菌を壊滅的にすることができ一週間程度薬の効き目が持続するのも特徴的です。
3週間して再発しなければ治療は終了となります。

クラミジアの感染経路と症状について

クラミジアの主な感染経路として考えるのが性行為である理由は菌の特性にあります。
クラミジアの菌が生息できるのは細胞や粘膜だけです。
そのため、クラミジアの感染経路として可能性が最も高いのは粘膜同士が接触する性行為なのです。
しかし、感染者の体液には菌が含まれているため、体液からの感染も可能性としてはあります。
感染者の体液が付着する可能性のあるトイレの便座やタオルなど、日常生活の身近なものも感染源になり得るということです。

このような感染経路を経て感染した場合、男性は尿道の痒みや不快感、尿道から膿が出る、排尿痛、発熱などの他に、進行すると前立腺炎や副睾丸炎になる可能性があります。
前立腺炎の症状は肛門と陰のうの間、下腹部、鼠経部、内ももなどに鈍い痛みが出るのが主な症状です。
副睾丸炎は睾丸から鼠経部にかけて激痛や高熱などの症状があります。
女性はオリモノが増えたり、下腹部の痛み、不正出血の他に生理痛が酷くなる可能性があります。
これらの症状が出る理由はクラミジアが膣から子宮内膜、卵管、腹膜と進行していくからであり、子宮内膜炎、卵管炎、腹膜炎を起こしているのです。

男性は副睾丸の両方に症状が出て悪化してしまうと不妊症になる可能性がありますし、女性は卵管まで症状が及ぶと卵管が詰まってしまい不妊症の原因になります。
クラミジアはジスロマックやクラビットなど、効果的で副作用のリスクがほとんどない薬で治る病気であるものの、男女共に不妊症になるリスクもある病気です。
女性の場合は初期の自覚症状がわかりにくいこともあり、気がついたときには症状が進行してしまっているということもあります。
少しでも違和感を感じた場合は早めに治療を開始するようにしましょう。